行政書士
秋葉法務事務所

行 政 書 士
家 族 信 託 専 門 士
ファイナンシャルプランナー AFP
行政書士
秋葉 寿男

代表メッセージ

行政書士 秋葉法務事務所   代表 秋葉 寿男

 茨城県で、相続・遺言書・家族信託・終活 を専門とする行政書士です。

 以前は、コープで葬祭事業に携わっておりました。「終活セミナー」や「エンディングノートの書き方講座」の講師を500回以上、終活の個別相談も500件以上実施しておりました。

終活」とは、「寝たきりになってしまったらどうしよう?」「認知症になってしまったらどうしよう?」「もし自分が亡くなった後はどうなるのかな?」・・「このままだと ‘無縁墓‘ になってしまうかもしれない」といった ‘これから先起こるかもしれない事への漠然とした不安‘ に対し、元気なうちに不安を解消しておくことです。

相続だけでなく、葬儀お墓のことも含めて総合的にご支援させていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

主な取扱業務

Service
Service
1

相続手続き  葬儀後の ‘預貯金払戻し’ や ‘株式の移管手続き’ 等の煩雑な手続き一式を代行します。

  • 亡くなられた方の、出生から死亡までの一連した戸籍謄本を読み取り、誰が相続人かを確定させます。
  • 遺言書が無い場合は、誰がどの財産を相続するかを全員が参加して決め、遺産分割協議書を作成します。
  • 遺産分割協議書を基に、金融機関や不動産の名義変更手続きをします。
Service

遺言書作成 「公正証書遺言」「自筆証書遺言」の作成をサポートします。

  • 必ず遺言書を書いておくべき場合があります。
    (子供さんがいないご夫婦・行方がわからない人がいる・相続人の中にすでに認知症の人がいる などのような場合)
  • 安全で確実な「公正証書遺言」をお勧めします。
  • 自筆証書遺言を法務局で保管できる制度があります。
  • 「公正証書遺言書」は、遺される家族へ、迷惑をかけないための ‘思いやり’ でもあります。
Service
3

家族信託 「家族信託専門士」が、認知症対策 や 空き家対策 など最良な対策をご提案します。

  • 家族信託は、遺言や成年後見制度の弱点限界を補う制度です。
  • 家族信託は、先々の認知症対策、空き家対策として大変有効です。
  • 家族信託は、障害がある子の ‘親なき後‘ 問題への対策として大変有効です。
  • 元気なうちに家族信託の契約をしておけば、法定後見人を付けずに財産管理ができます。
  • 認知症になってしまうと、預貯金の引き出しや自宅不動産                                    の売却はできなくなってしまいます(資産の凍結)その事前対策                                        として「家族信託」が大変有効です。
Service
4

終活 ‘認知症対策’ としての「任意後見契約書」など、様々な 契約書作成 をサポートします。

  • いわゆる‘おひとりさま‘の終活として、「公正証書遺言」はもちろんその他「任意後見契約」・「財産管理委任契約・「見守り契約」・「死後事務委任契約」など第三者によるサポートを元気なうちに構築しておけば安心です。
  • ‘無縁墓‘ にさせないための、‘墓じまい’ や ’永代供養墓へのお墓の引っ越し’ は、現在のお墓がある役所での手続きが必要です。
  • 「墓じまい」後の、お骨の行先としては、「樹木葬」や「海洋散骨」などがあります。

・ご相談は、ご自宅などへ訪問させていただいての、出張相談となります。茨城県
   全域はもちろん近県も出張相談いたします。 交通費は頂戴しておりません。
 お近くであれば、 当事務所へお越しいただいても大丈夫です。

・トラブル防止のため、最初の受任時に「業務委託契約書」を取り交わしますので、
   ご安心ください。
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

お問合せはこちらから

*初回の相談は無料です。お気軽にお問合せください。
TEL:029-846-1888  受付時間 9:00〜18:00(土日祝を除く)
FAX:029-846-1878  24時間受付
※土・日 は休みですが、事前にご連絡いただければご相談承ります